これまでに4000以上の経営者・リーダーが受講したマネジメント理論「識学」で「従業員の給与の決め方」を解説します。
給与査定は従業員のモチベーションを左右する重要な要素です。しかしながら私共は、多くの経営者が「重要性に気付いていない、また気付いていながら一手を打てないでいる事実」を目の当たりにしてきました。適切に査定が行われていなければ従業員のモチベーションが下がり、最悪の場合離職につながる可能性があります。
本セミナーでは、給与査定について基本的な知識から、評価の基準、査定をする際の注意点などを抑えるべき6つのポイントを基に解説、そして制度を効果的に運用するために欠かせない要素もお伝えします。

当日登壇するコンサルタントは、これまでに140社以上の経営層・幹部陣のマネジメントコンサルを実施し、組織の成果を最大化した実績のある株式会社P-UP neo 取締役副社長執行役員・識学上席コンサルタントの大熊憲二が担当します。大熊が過去に担当した業界は、エンジニアリング、教育、飲食、建設、医療・クリニック、スポーツチームなど多岐にわたります。
当日は大熊の過去の経験や事例などを交えて講義させていただきます。

日程

2024年7月23日(火)13:00〜15:00

対象者

会社代表者・役員の方

会場
オンライン(zoomウェビナー)
費用
無料
定員
300名
ご連絡先
mail:y-yamamoto@p-up.jp
tel:03-5829-8444
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

こんな方におすすめ

評価・査定制度が無く必要性を感じている経営層の方
現在の評価・査定制度に課題を感じている経営層の方
評価・査定制度を体系的に学んだことのない方
評価・査定制度を作れば問題が解決する、業績が上がるとお考えの方

登壇者

株式会社P-UP neo 取締役副社長執行役員 識学上席コンサルタント
大熊 憲二
2011年入社 ソフトバンク事業部に配属となり、史上最速の9ヵ月でマネージャーに昇進し、店舗拡大に貢献。2014年モバイル事業部移動となり、業界全体が縮小傾向で低迷する中、200坪以上の超大型店等の新規出店に従事。
2016年に識学と出会い、識学に基づくマネジメントを徹底し、モバイル事業統括として史上初の年間目標完全達成を記録。株式会社P-UP neo取締役副社長執行役員兼識学上席コンサルタントとして現在に至る。

ウェビナー参加特典

業績向上ノウハウの詰まったセミナー資料を無料進呈
識学コンサルタントによる「60分無料個別相談」を実施

お申し込みはこちら

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
当社の個人情報の取扱規程について同意される方のみ送信できます。